永田町で働く司法書士・加陽麻里布(加陽まりの、カヨウマリノ)の日記

東京永田町で司法書士をやっている加陽麻里布(カヨウマリノ)です。このブログでは、会社設立や法律に関する豆知識や司法書士事務所のことを発信していきます!!司法書士YouTuberもやっています。仕事のお問い合わせはHPかtwitterからお気軽にどうぞ!

本日は株主総会の集中日?

司法書士の加陽麻里布です。

 

本日は12月決算の会社の株主総会がピークを迎えそうです。

もともと日本には3月決算の会社が多かったですが、国際的に合わせることもあり、12月決算の会社もずいぶん増えてきている印象です。

 

さて、株主総会と言えば、昨年の3月決算はコロナ禍まっただなかということで、どの企業もどの様に運営すべきか試行錯誤であったと思います。

わたしも出席したソフトバンク社の株主総会は会場には役員の方はおりませんでした。

 

今回もいくつかの招集通知を見る限り、webや書面での参加を推奨されていましたね。

f:id:asanagi_co:20210204090505p:plain

コロナ禍であるがゆえに、ITを駆使した総会がどんどん導入されるといいですね。

 

一方、「しゃんしゃん」と言われるように、企業としては株主総会をさっさと終わらせたいという意向があります。

そのためには、会場というクローズな空間でどんどん進行していくことも意外なほど人気なようですね。

 

CGコードの株主との対話をどの様に実現していくか、それぞれの企業で試行錯誤してほしいですね。

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

 

弁護士横領のニュースを聞いて・・・

司法書士の加陽麻里布です。

 

また、残念なことに、成年後見人の弁護士さんが2100万円を横領したということで起訴されました。

12回にも及んで現金を引き出したそうです・・・

弁護士会でもしっかり活動していた人だけに残念ですね。

 

www.kyoto-np.co.jp

f:id:asanagi_co:20201023083548p:plain

士業の横領は昨年来後を絶ちません。弁護士だけではなく、行政書士司法書士でも発生しております。

この様な事態は士業自体への信用の毀損につながってきます。

 

大事なお金を預ける人ですので、何とか信頼できる人を探してほしいところですが、なかなかそれも簡単ではありません。

私は、できれば法人化している比較的大きい事務所にお願いしてほしいと常々思っています。

一方で、まじめに仕事をされている人がほとんどですので、そのような人の機会を奪うことも望ましくないです。

 

過去の実績や、事務所の財政状態、財産管理の仕方などを第三者機関などでしっかり調査して登録する制度でも作ることが良いように思いました。

 

みなさんはどう思われますか?

 

 

東京司法書士会の事業計画を見てみました

司法書士の加陽麻里布です。

 

皆さんは東京司法書士会のウェブサイトをご覧になったことはありますでしょうか?

東京司法書士会は各地の司法書士会の中でも圧倒的に大きく、その発信力も大きいと思います。

司法書士に関する情報発信も実施しておりますので、是非ご覧いただければと思います。

www.tokyokai.jp

 

今回は、その中でも東京司法書士会が公表している事業計画をご紹介したいと思います。

www.tokyokai.jp

f:id:asanagi_co:20200422155132p:plain

事業計画の重点事項として以下の点が上がっています。

(1)法令・会則等改正対策

民法会社法不動産登記法商業登記法民事訴訟法等業務に関連する法令の改正についての動向を注視し、必要な対応を行う。

(2)司法・司法書士制度対策     

 司法書士倫理規範の更なる周知徹底を図り、高い倫理性の維持、向上を目的とする単位制研修及び年次制研修を実施し、会員の執務指導を行い、不正職務の防止に最善を尽くす。      

(3)非司法書士行為の排除

(4)組織改善対策      

司法書士制度の発展に資する会の組織、機構や、事業の在り方を検討する。       

 (5)成年後見制度への対応      

(6)社会問題への対応      

空き家問題・所有者不明土地問題・相続登記未了問題・自死予防対策を含む多重債務問題・消費者問題

(7)災害への対応

(8)司法書士不在地域対策

(9)事業の検証

当会の事業を継続的に見直し、効率的な運営を行う。

(10)司法書士制度広報

 

どれも司法書士にとってとても重要な事項ですね。

とくに、社会問題への対応は新分野への進出にもかかわってくると感じました。

司法書士の制度の認知を増やして、これらの事業計画が実行可能になるようにひとりの司法書士として微力ながら協力していきたいと思いました。

 


東京司法書士会の事業計画を見てみた 1126

 

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

1)法令・会則等改正対策 民法会社法不動産登記法商業登記法民事訴訟法等業務に関連する法令の改正についての動向を注視し、必要な対応を行う。 昨年度成立した改正司法書士法について、会員への周知等の必要な対応を行う。 空き家問題・所有者不明土地問題に起因する民法不動産登記法等の改正について、司法書士業務を適正かつ円滑に行えるよう情報の収集及び迅速な対応を目指す。 法令改正後の会員の業務に支障なきよう、時宜にかなった研修会の開催に努める。 (2)司法・司法書士制度対策 司法書士倫理規範の更なる周知徹底を図り、高い倫理性の維持、向上を目的とする単位制研修及び年次制研修を実施し、会員の執務指導を行い、不正職務の防止に最善を尽くす。 「東京司法書士会総合相談センター」を中心に、司法書士による法律相談事業の効率的な運営を図るとともに、総合法律支援法に基づく法律支援の実施に協力し、日本司法支援センター事業へのより主体的な関与を図る。 裁判外紛争解決機関である「東京司法書士会調停センター『すてっき』」のより一層の充実を図り、その広報に努める。 司法書士の存在意義を再検証し、司法書士を取り巻く諸問題についての対応を図る。 裁判業務及び簡裁訴訟代理等関係業務について、司法書士の必要性を、より一層高めていく。(3)非司法書士行為の排除 司法書士行為に対して、積極的な情報収集及び調査の徹底に努め、厳正に対処する。 (4)組織改善対策 司法書士制度の発展に資する会の組織、機構や、事業の在り方を検討する。 また、会内合意形成過程の透明性を高めるため、会議の情報公開などに努める。 (5)成年後見制度への対応 リーガルサポート東京支部と協働し、成年後見制度の利用促進及び成年後見制度における司
 
 
法書士に対する社会的要請への対応を図るとともに、会員の不正業務の防止に努める。 (6)社会問題への対応 社会問題化している空き家問題・所有者不明土地問題について、自治体とのより緊密な連携に努めるとともに、相続登記未了問題について、積極的な対応を行う。 権利擁護を含む人権擁護に関する問題への対応を図るとともに、自治体の対策会議や相談窓口との相互連携の強化、充実を図り、自死予防対策を含む多重債務問題解決のための活動を積極的に行う。その他、消費者問題については、消費者庁の動向にも呼応し、地方消費者行政の充実等を求めるなど、消費者被害を防ぐための提言や活動を行い、社会に多く生起する消費者問題に迅速、適切に対応する。 (7)災害への対応 東日本大震災の復興支援を継続して行うとともに、地震、風水害などの自然災害の発生に対応する体制の維持に努める。(8)司法書士不在地域対策 島嶼地域などにおける司法書士不在地域において、リーガルサービスへのニーズに対応するため、地元自治体等と連携をとりながら、引き続き相談事業を行う。 (9)事業の検証 当会の事業を継続的に見直し、効率的な運営を行う。 (10)司法書士制度広報 一般市民における司法書士知名度や認知度の更なる向上を目指し、多様な広報ツールやメディアの活用により、司法書士制度の広報に努める。
1)法令・会則等改正対策 民法会社法不動産登記法商業登記法民事訴訟法等業務に関連する法令の改正についての動向を注視し、必要な対応を行う。 昨年度成立した改正司法書士法について、会員への周知等の必要な対応を行う。 空き家問題・所有者不明土地問題に起因する民法不動産登記法等の改正について、司法書士業務を適正かつ円滑に行えるよう情報の収集及び迅速な対応を目指す。 法令改正後の会員の業務に支障なきよう、時宜にかなった研修会の開催に努める。 (2)司法・司法書士制度対策 司法書士倫理規範の更なる周知徹底を図り、高い倫理性の維持、向上を目的とする単位制研修及び年次制研修を実施し、会員の執務指導を行い、不正職務の防止に最善を尽くす。 「東京司法書士会総合相談センター」を中心に、司法書士による法律相談事業の効率的な運営を図るとともに、総合法律支援法に基づく法律支援の実施に協力し、日本司法支援センター事業へのより主体的な関与を図る。 裁判外紛争解決機関である「東京司法書士会調停センター『すてっき』」のより一層の充実を図り、その広報に努める。 司法書士の存在意義を再検証し、司法書士を取り巻く諸問題についての対応を図る。 裁判業務及び簡裁訴訟代理等関係業務について、司法書士の必要性を、より一層高めていく。(3)非司法書士行為の排除 司法書士行為に対して、積極的な情報収集及び調査の徹底に努め、厳正に対処する。 (4)組織改善対策 司法書士制度の発展に資する会の組織、機構や、事業の在り方を検討する。 また、会内合意形成過程の透明性を高めるため、会議の情報公開などに努める。 (5)成年後見制度への対応 リーガルサポート東京支部と協働し、成年後見制度の利用促進及び成年後見制度における司
 
 
法書士に対する社会的要請への対応を図るとともに、会員の不正業務の防止に努める。 (6)社会問題への対応 社会問題化している空き家問題・所有者不明土地問題について、自治体とのより緊密な連携に努めるとともに、相続登記未了問題について、積極的な対応を行う。 権利擁護を含む人権擁護に関する問題への対応を図るとともに、自治体の対策会議や相談窓口との相互連携の強化、充実を図り、自死予防対策を含む多重債務問題解決のための活動を積極的に行う。その他、消費者問題については、消費者庁の動向にも呼応し、地方消費者行政の充実等を求めるなど、消費者被害を防ぐための提言や活動を行い、社会に多く生起する消費者問題に迅速、適切に対応する。 (7)災害への対応 東日本大震災の復興支援を継続して行うとともに、地震、風水害などの自然災害の発生に対応する体制の維持に努める。(8)司法書士不在地域対策 島嶼地域などにおける司法書士不在地域において、リーガルサービスへのニーズに対応するため、地元自治体等と連携をとりながら、引き続き相談事業を行う。 (9)事業の検証 当会の事業を継続的に見直し、効率的な運営を行う。 (10)司法書士制度広報 一般市民における司法書士知名度や認知度の更なる向上を目指し、多様な広報ツールやメディアの活用により、司法書士制度の広報に努める。

司法書士の確定申告

司法書士の加陽麻里布です。

今年は新型コロナウイルスの影響で4月15日まで確定申告が延長されています。

私の方はと言うと、すでに完了し、今年は初めてマイナンバーカードを利用した電子申告に挑戦しました。(昨年は紙の郵送でした。)

 

電子申告の良いところの一つが還付が優先されることです。

 

実は早くもその還付が先日ありました。まだ確定申告の締め切りまで1か月もあるのに還付とは嬉しい限りですね。

f:id:asanagi_co:20200918101251p:plain

司法書士はやはり売り上げの多くを源泉徴収されます。

不動産の場合は個人相手が多いですので、源泉徴収されないケースもありますが、企業相手ですと源泉徴収されることになります。

 

しっかりと、源泉された金額を申告することが大事ですね!

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

 

 

 

行政書士の試験での取り違えに物申す

司法書士の加陽麻里布です。

行政書士の試験合格者でもある私としては見過ごせない事態が発生しました。

 

行政書士試験で合格者が間違えられたとのニュースです!

www.tokyo-np.co.jp

詳細は上記の記事をご覧いただければと思いますが、

試験官の怠慢?確認が甘い、替え玉受験し放題?などのコメントが多く寄せられています。

 

ここで、おかしいと思ったことはこの合格した受験生は間違った席に座り間違った受験番号をかいていたのではないか?という事です。

f:id:asanagi_co:20200409083832p:plain

行政書士試験以外でもそうですが、名前や受験番号を記載しなければ試験に合格しないのはあたり前のように思えます。

受験番号も正しく書けない人、席にも座れない人を合格としていいのでしょうか?

試験の点数以前の問題ですよね。

 

今後、受験番号を書き間違えてもOKなのでしょうか?

非常に悪い前例となることを危惧します。

 

今回の裁定はすでに決まったと思いますので、これ以上の逆転劇は無いように思いますが、なにかもやもやしますね。

 

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

 


受験生をバカにするな!行政書士試験で重大ミス!その判定はおかしいでしょう 1120

 

 

 

 

更なる新規事業に挑戦?

司法書士の加陽まりのです。

 

先日の行政書士さんとの打ち合わせに続き、新規事業の検討をしています。

常々、司法書士業務の可能性の拡大については考えをめぐらせているところですが、いざ新規事業を始めるとすると考えることが多いです。

 

日常の登記業務については業務フローを確立し、うまくこなすことが出来ている状態であるからこそ、ビジネスを広げるチャンスを考えることも重要な仕事になります。

 

f:id:asanagi_co:20210204090505p:plain

 

打ち合わせを重ねている最中ですが、随分形が見えてきましたので詰めの作業を進めていきたいとと思います。

 

常に新しいことに挑戦できる環境があることに非常に感謝です!

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

行政書士さんと打ち合わせ

司法書士の加陽麻里布です。

 

本日はとある行政書士さんの事務所にお邪魔してきました。

 

もともと、友人の紹介で知り合ったのですが、今後行政書士事務所の拡大に向けて打ち合わせです。

 

この行政書士さんはかなり専門性が高い仕事をされており、感心することばかりです。

 

前向きな打ち合わせで良かったです!

 

早速、お仕事につながりそうな話も出てきました。

 

やはり、人の縁って大事ですね!

 

それにしてもオフィスからの眺めがすごいです(^^♪

 

f:id:asanagi_co:20210302150806j:plain



行政書士さんとの本格的に提携するのは初めてですので楽しみです!

 

あさなぎ司法書士事務所

 

かようまりの

 

株式上場準備と司法書士

司法書士の加陽麻里布です。

 

昨年はコロナ禍で上場の審査が止まった時期もありましたが、ふたを開けてみれば前年並みの93社ということで、株式市場の活況と相まって上場の件数も増えております。

 

株式上場に影響がある士業は公認会計士が一番大きいと思いますが、弁護士、税理士、社労士なども十分にIPOに絡むケースがあります。

昨今は、労務管理が大きなテーマになっていますので、社労士の人も労務DDを行うなどのケースがあるようです。

f:id:asanagi_co:20210221074443p:plain

では司法書士はどうでしょうか?

IPOの準備で必要なのは組織作りです。その中でも機関設計(役員会など)は非常に重要になってきます。

非上場会社の多くは取締役会や監査役会は設置されておりませんので、それらを作っていく必要があります。

具体的には人選がなされれば定款変更などを行い、最終的に登記を行います。

株式上場は申請期をN期と言いますが、株式上場の準備はN-1期と、N-2期を中心に行います。

N-1期では上場会社と同じような体制でのトライアルな運営が必要になります。

そのため、N-2期の総会までには、役員人事と機関設計を行うことになります。

 

その他、増資の登記、新株予約権の登記についても司法書士が関係することは言うまでもありませんね。

 

あさなぎ司法書士事務所は上場会社からのご依頼も多数いただいております。

将来、株式上場を目指す会社からのご相談にも迅速に対応していきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

 

 

 

てんちむさんも目指す薬事法管理者の資格とは?

司法書士の加陽麻里布です。

有名ユーチューバーのてんちむさんが資格の取得を目指すということで話題になっていました。

その資格とは薬事法管理者とコスメ薬事法管理者というものです。

私はこの資格については初めて聞きましたので、調べてみました。

 

まず、両者の資格は国家資格ではなく民間資格薬事法有識者会議が試験を行っています。

www.yakujihou.org

 

美容や健康に関する商品を販売するうえでは注意すべき事項が多いです。

これらは、薬とは明確に異なりますので、効果を誇大に広告することは薬事法(薬機法)や景品表示法により規制がされております。違反する場合には罰金などのペナルティーがありますし、場合によっては返金請求を受ける可能性があります。

しっかりとした知識をつけることで、広告の仕方はもちろんのこと、商品の記事を書く場合などにも役立つとされています。

 

ただ、こちらの資格、肝心の合格者や合格率の情報が不明でした。

3か月くらい勉強すればとれるということも言われておりましたので、そこまで難しい資格ではないと思われますが、資格の信頼性を高めるためにも詳細を開示してもらいたいと感じました。

f:id:asanagi_co:20200908071243p:plain

てんちむさんの挑戦で知名度が大幅にUPすることは間違えないと思います。

今後、この資格が普及し、正しい知識が身につくことに期待したいですね!


再炎上?のてんちむさんが目指す薬事法管理者とは??資格系YouTuber 1098

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

 

 

 

司法書士も活躍中!新たな闇金?後払い現金化について

司法書士の加陽麻里布です。

f:id:asanagi_co:20210212091428p:plain

お金を貸すということは、貸金業法などによって色々な規制があります。

貸付の限度額や、回収の方法、利息の上限などです。

 

闇金とは免許もなく、法外な利息、強引な回収手法で問題になる業者です。

 

この闇金ですが、次々に新たな形態が出てきます。

 

今回取り上げるのは後払い現金化です。つけ払いともいうようです。

 

これは、モノを買ったような外形を整えた貸付と言えます。

たとえば、10万円の商品を購入し、6万円を即日キャッシュバックします。その後、購入者は10万円で商品を購入します。

この商品、10万円の価値が実際にあるかと言えば、そうではありません。中にはタダ同然の画像などもあるとのことです。

 

本日、現金が欲しい!と言う人には一定のニーズがあるため、この商売が成り立っています。以前はメルカリで現金を売るということもありましたよね。

 

これは、貸金業と認定されれば当然違法ということになります。

 

目先の現金欲しさに、よりドツボにはまっていくリスクが高い形態と言えます。

 

今回、後払い現金化を取り上げたのは、大阪の司法書士さんが、この様な事案の解決に取り組んでいるということでニュースになっていました。

大阪いちょうの会 の前田司法書士です。

 

是非、後払い現金化に悩まされている人は相談してみてはどうでしょうか?


新たな闇金!後払い現金化について1091

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

 

 

 

司法書士会と株式会社ミドルマンのODR実証実験

司法書士の加陽麻里布です。

 

少し前のニュースになりますが、日本司法書士会連合会と㈱ミドルマンがODRの実証実験で提携したとの話のご紹介です。

prtimes.jp

 

まず、ODRという言葉はなかなか聞きなれないと思います。

ODRはOnline Dispute Resolutionのことであり、裁判外のオンラインで紛争を解決していこうというシステムです。

ADRという言葉はかなり浸透してきていると思いますが、オンライン版ということが言えると思います。

 

裁判するまででは無い紛争というのは世の中に数多存在していると考えられます。

泣き寝入りしてしまっている人もたくさんいるでしょう。

より紛争解決が早期に解決し、その枠組みの中で司法書士が調停員として参加できるとしたら、司法書士の業務範囲の拡大にもつながり、本当に素晴らしい制度になると思います。

f:id:asanagi_co:20210210090812p:plain

実証実験の結果が楽しみですね!

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

 

2020年の司法書士試験の合格発表

司法書士の加陽麻里布です。

 

先日、2020年の司法書士試験の合格発表がありました。コロナ禍の中で合格を勝ち取った人に賛辞を贈りたいです。

また、残念だった人も、今後のことをじっくり考えてほしいですね。

 

http://www.moj.go.jp/content/001339811.pdf

 

今回の合格発表を見ると、受験生、合格者ともに減少ということで寂しく思います。

行政書士の受験生が増加したのですが、その波は司法書士にまでは来なかったようですね。

来年以降も受験生が増えてくれるように司法書士の活動を広めていきたいと思います。

 

毎年思う事ですが、出願したのに、受験しない人が多いことです。本試験は言うまでもなく1年に1度のチャンスです。勉強が進んでいなくても、実際に会場に行って雰囲気を味わうだけでも大きな経験になります。せっかく、申し込んだ以上は会場に行ってほしいと思いました。

 

それぞれの2021年がようやく始まろうとしていると思います。皆様にどこかでお会いできることを楽しみにしております。


令和2年司法書士試験の結果について 1085

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

 

 

 

ハイブリッド型バーチャル株主総会

司法書士の加陽麻里布です。

 

昨日、経済産業省からハイブリッド型バーチャル株主総会の実施ガイドなるものが発表されました。

 

www.meti.go.jp

 

新型コロナウイルスにより昨年来株主総会が大きく変化してきております。株主とのより深い対話を求められながら、株主総会の会場になかなか来場していただけない状況の中様々なハイブリッド型の株主総会が行われています。

f:id:asanagi_co:20210204090505p:plain

議決権の行使方法、質問対応などさまざまな視点からハイブリッド型バーチャル株主総会の運営について参考になる事例が乗っております。

また、きになったのは「なりすまし」問題です。

どの様に本人を特定するかなども取り上げられております。企業の方はぜひご参考にしてください。

 

株主総会コンサルティングも実施しております。

気になった方はぜひお問い合わせください!

 

あさなぎコンサルティング

代表かようまりの

令和3年新型コロナウイルスに関して株主総会の対応

司法書士の加陽麻里布です。

 

現在、東京都などの地域で緊急事態宣言が発令されており、3月までの延長も決定しております。

昨年も同じ議論がありましたが、企業にとっては株主総会をどうするのかということが引き続き悩みの種になります。

f:id:asanagi_co:20210203090715p:plain

どんな絵でもある、イラストやさん、本当にお疲れ様です。少しでも休んでください。

先日、法務省の方から定時株主総会についてのコメントは発表されておりますので、今回はそちらをご紹介したいと思います。

 

www.moj.go.jp

 

上記を端的に要約すると

株主総会を無理に開く必要はなく、感染が落ち着いてからでも可能。

②期末日後3か月以内に株主総会を開催できない場合は、新たに議決権行使のための基準日を設ける必要がある。

③配当についても困難がある場合は別日を指定することができます。

 

と言った内容です。

 

では、実際の株主総会はどうでしょうか?

 

非上場の会社の場合はよほど株主が多い場合を除いて、書面などで実施されている場合が多いと思います。新型コロナウイルスに関連し、web形式で実施している会社も多数あります。

 

一方、上場会社の場合は通常通り実施しているケースがほとんどだと思いますが、会場への来場は極力控えていただき、webで中継するなどの措置をとっているように思います。

株主総会と言えば、参加者を増やすために用意する「お土産」が有名ですが、今年も、お土産をだす企業はなさそうですね。。。

 

12月決算の会社の株主総会は3月に行われますが、どのような形になっていくのか、注目していきたいと思います。

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの

独立2年目の司法書士事務所の決算は?

司法書士の加陽麻里布です。

 

司法書士などの個人事業主の方は確定申告の準備で忙しい人もいいのではないでしょうか?

幸い、私の方はほぼ準備が完了しました。

 

毎年恒例なのですが、ユーチューブで事務所の決算を発表しております。

 


あさなぎ司法書士事務所2020年の決算発表です#1054

 

司法書士事務所はほかの士業と同じく、費用は人件費と家賃が中心になります。

それに加えて、交際費や広告をどの様に使っていくかがポイントになると思います。

 

売上については今のところ、無事に拡大傾向となっております。

司法書士の平均の年収は500万円くらいという統計が多いと思いますので、なんとか順調にいっていると思います。

しかし、今の時期に、営業先の拡大をすることが非常に重要と感じていますので、今年も様々な施策を練っていきたいと思います。

 

数字をオープンにすること少しでも読者の方のお役に立てればと思います。

 

あさなぎ司法書士事務所

かようまりの